ホーム > キャビック 代表 岡野のブログ  >  ブログ  >  事業の転機(自分自身で現場に入ったこと)

キャビック 代表 岡野のブログ

事業の転機(自分自身で現場に入ったこと)

今日は20年来の仲間とのゴフルに行ってきます。
外は雪が降っています。
寒そう。

【事業の転機(自分自身で現場に入ったこと)】
 創業して1年程経った頃、従兄弟2名と私、3人が何とか飯を食っていくのが精一杯でした。詰め放題の1つの弁当を3人で分けて食べていた時もありました。希望はあったので、それが辛いというのは全くなくて、楽しいばかりでした。しかし、よく仕事をしてくれる学生のスタッフの方が給料が良かったのです。何かおかしいと話し合いをしました。その結果、自分たちが現場に入れば、1万数千円1日で確実に稼げるという事に気づきました。実は、最初女性がするものという印象があって、躊躇していたのです。そこで実際に現場に入ると、良く売れて、評判が抜群だったのです。最初は男なので、珍しいなという感じで言われるのですが、次からは指名ばかりです。やる気、気合が違うので、当たり前の結果でした。
 
 それに味を締めて、1年間ぐらいは、月15日程3人が現場に入っていました。これが事業が採算に乗った最大の転機でした。
 
 この経験は、僕の最大の財産となっています。現場のことならば大体分かるし、良い結果を出せる自信がありますので、スタッフさんの教育・営業に活かす事が出来ました。また、現場でも営業活動が出来ました。現場で依頼をもらったメーカーさんも数多くあります。また、スタッフさんのスカウトも数多く行いました。また、スタッフさんの気持ちを身を持って感じていますので、創業当初、スタッフさんが着いてきてもらえた要因でもあると思っています。

カテゴリー

2015年1月
« 9月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

キーワード検索

  • 沖縄リゾートバイト特集
  • 登録済みスタッフさんのお仕事情報はこちら
  • 企業ご担当者様へ
  • 社長ブログ
  • スタッフブログ

ページトップ