ホーム > キャビック 代表 岡野のブログ  >  ブログ  >  2018年 年頭挨拶

キャビック 代表 岡野のブログ

2018年 年頭挨拶

cabicの社員に向けた新年のメッセージを掲載します。

 

明けましておめでとうございます。

昨年は、半ば強引に1月からMFの推奨販売チームに合流してもらい、システムもアサインメーカーに統合して、走り始めました。

ある程度の問題は出てくると思っていましたが、想像以上に皆に大変な思いをさせてしまいました。

その中でも、皆踏ん張って付いて来てくれました。半年以上掛かりましたが、ビジネス的にも何とか形になってきたと思います。

ありがとうございます。

 

さて、2018年も更なる変化があります。

まずメディアフラッグの100%子会社として、推奨販売事業の営業~運営まで全て担うことになります。

株主など外部からも、注目されます。

一人ひとりの行動と成果が、社会的にも高い責任を担うことになります。

社会の重要なインフラとして働くことは、大変なことではありますが、社会人として幸せなことであると思います。

 

今年の予算は、 売上13億6500万円 営業利益8000万円 営業利益率5.8% です。

 

今年の戦い方は、サービス品質を向上させて、顧客満足を高めます。

顧客に販促パートナーとして認めて頂けるような仕事を目指します。

 

本年のスローガンは、  「全社員の英知を結集し、現場成果を高めよう」  とします。

全ての部門・チームで、現場1件1日1人の成果を高める為に、毎日創意工夫を重ねて欲しいと考えています。

 

・営業は、顧客と求める現場の成果を明確にして、スタッフへの業務指示に反映させます。

・受注は、納品までのフローの始点です。目指す成果・業務内容を、社内・クルーにとって、如何に分かりやすい表現にするのかで、成果も変わります。

・SQ(スタッフクオリティ)は、今期の方針の中で、最も重要な役回りであると考えています。新規応募・登録会・クルーランク制度・二次研修会・巡回(OJT)など。より多くの新規クルーを獲得し、辞めるクルーを少なくすることが、品質UPにとって重要です。またモチベーション高く仕事に向かってもらう工夫をすることも重要です。

・アサインは、顧客仕事軸・クルー軸で、アサイン出来るようにならなければいけないと考えています。日軸でアサインすることがcabicの得意分野です。しかしそれだけでは品質の大きな支障をきたします。営業として顧客に接していますと、今変えられなければ、将来的に顧客に見放されかねない状況です。アサインチームは、新たな挑戦に立ち向かって欲しいと思います。

・サポートは、目指す成果を明確にしたマニュアル・業務指示を心がけて欲しいです。マニュアルがどう実行されているか、現場も見て欲しいと思います。動画やWEBテストも活用していきましょう。

・LCは、顧客への納品という部分で、顧客満足にとって重要です。営業との連携も密にし、納品意識を高めて下さい。そして日々のクルーからの声を、社内に発信して欲しいと思います。以後の品質向上の為の情報となります。(クルー情報・現場情報・セールストークなど)

・管理は、最終工程で広く状況が見える部門です。現場成果向上の視点で、提言してもらいたいと思います。

 

全社員がベクトルを合わせて、日々考え、工夫を実行することが重要です。

今期の方針が実現できてくると、単価UP・利益率UPとして、成果に反映されてくるであろうと考えています。

 

今期もう1点意識して欲しいのが、生産性です。

生産性の向上は、利益UP・社員報酬UPの源泉となります。

今までの半分の時間で同じ成果を。同じ時間で2倍の成果を。目指す程の発想で、創意工夫して欲しいと思います。

 

いよいよ今年もはじまります。

1月・2月は、重要案件も目白押しです。スタートダッシュしましょう。

3月は、若干組織変更も行います。

新しい仲間が増えたり、FC代理店も増えます。

福岡への進出も計画しています。

 

変化を楽しみましょう。

みんなで、全従業員の幸せを追求していきましょう。

 

今年もよろしくお願いします。

 

岡野

カテゴリー

2018年1月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

キーワード検索

  • 沖縄リゾートバイト特集
  • 登録済みスタッフさんのお仕事情報はこちら
  • 企業ご担当者様へ
  • 社長ブログ
  • スタッフブログ

ページトップ