ホーム > スタッフ紹介:安本裕紀子さん(学生)

スタッフ紹介
  • 沖縄リゾートバイト特集
  • 登録済みスタッフさんのお仕事情報はこちら
  • 企業ご担当者様へ
  • 京都の社長番組配信中
  • 朝日学情ナビ
  • 社長ブログ
  • スタッフブログ

スタッフ紹介

安本裕紀子さん(cabic卒業生) 2015年1月現在

キャビックの仕事をなぜ選ぼうと思ったのですか?

txt_img01

私がキャビックを選んだ理由は、通学に片道時間かかる大学に通っていたのと多忙な部活動をしていたので、通常のシフト制のバイトが難しく、週に2度くらいのペースでも大丈夫なバイトを探していたことがきっかけでした。その後、キャビックの説明会に参加して、これだったら私のペースでもアルバイトができると思い登録しました。

初めての勤務の時はどうでしたか?

初めてお客様に接するときはやはり、すごく緊張していたのですが、キャビックでの最初でのデモンストレーション(練習)を思い出しながら頑張りました。また前日の電話確認でも、社員の方に業務のポイントを教えてもらったり、「明日頑張ってきてね!」と応援してもらったのことがすごく励みになって、安心して仕事に取り組むことができました。なので、行くまでにはそんなに不安はありませんでした。何かあってもキャビックに電話して相談できると安心感が大きかったです。

初めての勤務で嬉しかったことがあれば教えてください

txt_img02

自分が商品の説明をすることで、その商品に最初興味のなかったお客様が「あ、これやっぱり美味しいね」と言っていただけたことです。それから商品を買って頂けた時は本当にうれしくて、仕事のやりがいをすごく感じました。

4月からホテルでの就職が決まられたと聞きました。
おめでとうございます!

ありがとうございます。大学生活の4年間、アルバイトはキャビックの仕事一本でした。実は初めてのアルバイトもキャビックなんです。

キャビックの仕事を通して、就職に役に立った経験はありますか?

就職活動では必ずといっていいくらい「どんなアルバイトをしてきましたか?」と尋ねられます。私は旅館やホテルでの接客業の就職を目指して活動していたのですが、同じサービス業のキャビックでの経験をアピールすることができました。その中でも「最高のおもてなし」ということはどういうことかを考えていて、キャビックの現場でお客様と接する時間は数分ですが、年齢や性別など人によって接客を変えてみるという姿勢を、この仕事で身に着けることができたとお話しさせていただきました。

ホテルに就職ということですが、接客という同じ分野において、
今後の活動に活かしていきたいことはありますか?

キャビックの社是である「また逢いたくなる」という言葉を胸に、就職先のホテルでも「また逢いたくなる」ような人や接客でありたいと思っています。キャビックでの接客の経験を活かして、「最高のおもてなし」ができるように頑張ります!

txt_img03

これを見ている方へ、
何かメッセージをお願いします。

社員さんもやさしくて、すごく働きやすい会社だと思います!
ぜひ働いてみてください!

ありがとうございました!

ページトップ